最高にハッピーでした

こんばんは、あやです。

コンサート終了。大成功でした。
みんなの演奏が胸に迫りました。
ありがとうございます。

もう、弾きながら、最高にハッピーでした。

意外なことに、上手かったらしいです。
お客さんや共演者に、
よく鳴ってた、すごく上手かった、いつ練習してんの、などなど、褒められました。

あんなに、もーいいや(笑)とか言ってたのに。
あれ?みたいな。
なので、「ホント?!よかったー♪」などと謎の返答をしていました。

自分なりには、アレやっちゃった…コレやっちゃった…と
気づいたことはいくらでもあるんですが、
少なくとも、伝えたい想いを運ぶ程度には、弾けていたようです。
なら嬉しい!
それに、褒められるのは単純に気持ちがいいものです(笑)

まぁでもそんなことはともかく、
最高にハッピーだったことが最高にハッピーです。
それが全て。

先生も、今日の挨拶で似たようなこと仰ってた。
楽譜に書いてあることが弾けるとか、上手いとか下手とか、それは別に、いいんだよ。
何を乗せたくて、何を届けたくて…その「メッセージ」が、僕らの全てだからね。
って。

ほんとそう。
毎年、このようなことは仰ってたけど、
今年はほんっっっとうに、腑に落ちました。

先生ありがとう。大好き。


あや